<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

これはもうビスポーク(ス・ミズーラ)!?:セ・ミズーラ from Sartoria Sharon

こんにちは!
本Blogにおきましては過去数回に渡って取り上げて参りました、Sharonさんによる手縫いを中心としたアイテムを送りだすオリジナル・レーベルであるSartoria Sharon(サルトリア・シャロン)。そして、その第1弾として登場したのが、手縫いのパターン・オーダーである【セ・ミズーラ】でした。

本日は、その【セ・ミズーラ】にて仕立てて頂いた、ジャケットの着用イメージをお届けしたいと思います。

・「手縫い文化の伝道師!?:Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン):前編
・「手縫い文化の伝道師!?:Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン):後編
・「手縫いスーツの大革命!?:セ・ミズーラ from Sartoria Sharon
・「セ・ミズーラで手縫いのジャケットを仕立てる!(前編): from Sartoria Sharon
・「セ・ミズーラで手縫いのジャケットを仕立てる!(後編): from Sartoria Sharon

インスタグラム(ID:NFLD_rm55)におきましては先行して着用画像をポストさせて頂いておりますが、本日は改めて着心地なんかも踏まえてご紹介出来ればと思います。

それでは早速まいりましょう。

■【セ・ミズーラ】の着用イメージをご紹介
本日ご覧頂くのは、こんなベーシックなジャケパンスタイルです。直井氏のパターンの特徴でもある、ラペルからフロントカットに弧を描くように繋がっていくラインが非常に綺麗ですね。トルソーに着せた際より、やっぱり人が着た時の方が美しい弧を描いているような気が致します。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ①

そして正面から。綺麗に返るラペルのロール。そして首筋からナチュラルに肩へとつながり、腕に落ちていくラインはナポリらしい柔らかさが表現されていると思います。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑨

釦をしめてみました。この釦の位置によってVゾーンの深さや角度、全体のバランスが決まってきます。よって、釦の位置はとても重要だと思うのですが、非常に良いバランス感ですよね。私のライフスタイルにおいては釦をしめるシーンと言うのはあまりないのですが、フロントの釦をしめるスタイルの方にとっても魅力的なバランス感だと思います。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ②

少しアップで見てみます。今回選んだ生地は、イタリアの老舗マーチャントであるアリストンのウール×シルク×リネンの3者混のサマーホップサック。ほど良い光沢感に、リネンならではの清涼感。しかし、上品さを失わない程度のしっとり感と、まさに私がイメージしていたジャケットで、出来上がり具合にも大変満足致しました。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑤

首筋に綺麗にフィットし、優しく肩に乗る感じはまさにナポリ仕立て。既成ながらほぼ手縫いのサルトリア・ブランドであるアルフォンソ・シリカのジャケットに初めて袖を通した、あの時の感動が蘇ります。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ④

それでいて、当然ながら”手縫いのパターン・オーダー”と言うことで自分の体に綺麗にフィットする感覚は、ちょっと病みつきになりそうなくらい”良い”のです。サンプルゲージを着用した際にも”良さ”は理解できたのですが、そこから更に進化した着心地の”良さ”には自然と笑みがこぼれてしまうほど。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑥

もちろん腕を上げてもボディが引っ張られるようなことはありません。高く、小さく設定されたアームホールは腕の稼働をナチュラルに行うことを可能にします。もちろん肩や腕に対して十分なイセ込みを入れている恩恵でもありますね。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑦

簡単に言うと【セ・ミズーラ】とは、”手縫いのパターン・オーダー”と言うことでしたが、その工程はス・ミズーラ(ビスポーク)と同じ工程を経て、日本トップクラスの手縫いの技術を持つと言うファクトリーの職人さんが縫い上げているだけあって、ちょっとびっくりするくらいの心地良さ。背中も綺麗にフィットしているのが分かりますね。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ③

ちなみにオフの日には白パンを合わせて爽やかに。
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑩

オンの際にも、タイドアップで爽やかに!?、決めて出勤しております。(笑)
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑪

■これはもうビスポーク(ス・ミズーラ)!?
さて、着用イメージのご紹介に続いて、着心地について触れておきたいと思います。

まず、私はこれまでもアルフォンソ・シリカやダルクォーレ、シャマットと言ったス・ミズーラ(ビスポーク)と同じ工程を経て縫い上げられてきた吊るし(既成品)のジャケットを数多く着てまいりました。どれも”着心地”と言う観点でみれば世界でもトップクラスの”良さ”を持っていると思っておりますが、【セ・ミズーラ】はこれまで感じてきた”良さ”とはまた違いました。

正直なところ、

”これはビスポーク(ス・ミズーラ)!?”

と思ってしまうほどのフィット感があったのです。私自身、まだ自分の体に沿って仕立てられたビスポーク(ス・ミズーラ)のジャケットを着た経験がないものですから、比較自体が出来ないのですが、【セ・ミズーラ】でこの着心地の良さと言うことは、ス・ミズーラではどうなってしまうのか!?と思わず期待に胸が膨らみます。

特に【セ・ミズーラ】は、肩周り、胸から胴周りにかけてのフィット感と言いますか、”納まり感”が非常に良いように感じるのです。それでいて肩や腕を動かしてもストレスを感じない心地良さは味わってしまうと本当に病みつきになりそう・・・。

もちろん”軽さ”も十分です。肩に優しく乗る感覚は、まさにナポリ仕立ての感覚そのもの。自分の体にしっかりとフィットした”納まり感”に加えて、極上の”軽さ”を持ち、更に、日常生活における必要十分な運動量を確保している”着心地の良さ”を兼ね備えた【セ・ミズーラ】のレベルは、素人である私からしても相当なものである、と言うことが分かります。

実際、Sharonさんでは【セ・ミズーラ】に対するお問い合わせが日に日に増えており、顧客様の中でも秋冬の生地で仕立てられる、と言う方が多数いらっしゃるそうです。

私のインスタグラムにも、秋冬生地で【セ・ミズーラ】を仕立てようと思っています!と言うコメントをインスタグラムのユーザーさんから頂きましたが、ジャケットを仕立てて頂いた私も既にスーツを仕立ててみたい!と言う思いにかられております・・・。

ただ、今年の秋冬は直井氏にお願いしたス・ミズーラのスーツが納品予定ですので、非常に残念ですが今季は見送りとし、来期あたりにチャレンジ出来ればと考えておりますょ。

ちなみに、私にとって初めての【セ・ミズーラ】ながら、期待以上の出来映えで仕上がってまいりました。正直、気に入り過ぎて週に何回も着たいところですが、出来るだけ長く着用したいので、今のところ平日1回、休日1回程度に抑えながら着用したいと思っております。

マシンメイドで大量生産されたスーツやジャケットに比べれば値ははりますが、クオリティとコストのバランスを考えた時には、恐らく日本トップレベルに位置するのが【セ・ミズーラ】ではないでしょうか。熟練の職人によって、自らの体に合わせて手縫いされた大人のためのスーツやジャケットをお求めの方には、是非1度チェック頂きたいと思います!
セ・ミズーラ from Sartoria Sharon_着用イメージ⑫

ちなみに、先日とあるアイテムを引き取りにSharonさんに伺った際、スタッフのM氏がアリストンの生地で仕立てた【セ・ミズーラ】のスーツを着用されていらっしゃいました。私の仕立てたサマーホップサックとはまた違う表情で、相当にカッコ良かったです!ご訪問される際には、事前に電話連絡をして、M氏に着てきて欲しいとお願いするのもアリ!?かもしれませんね。(笑)

きっと、そのカッコ良さを実感できると思いますし、イメージもより湧くのではないでしょうか!?

<問い合わせ先等>
お問い合わせ:Sharon(シャロン)
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
Mail:info@sharon-shop.jp







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/944-c66364c3