<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ(トレ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!
ちょろちょろとご紹介している2016年SSアイテムのセール戦利品ですが、本日も小物系アイテムのご紹介です。

この度購入しましたのは、私が大好きなネクタイ・メーカーであるFrancesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ。ブラウンカラーのネクタイの充実を図っている、とはどこかの記事でも書いたと思いますが、この度BEAMSのセールにてちょっと珍しい小紋柄のネクタイを見つけ、ソリッドと悩んだ末に購入致しました。

この2016年SSのセールでは、プロパーでは買うことの少ないカジュアル系のアイテムを順調に!?購入しておりましたが、結局ドレスに戻ってしまいました。(汗)ま、今は小さな子どももおりますし、休日にあまり良いモノを着る機会が多いわけではございませんのでしょうがないですね。(笑)

それでは、早速ご覧頂きましょう。

■Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイをご紹介
今回購入しましたのは、こんな小紋柄のプリントタイ。ブラウンベースなのですが、ホワイトやグリーンの紋様が入ります。小紋柄とは、元は貴族の紋章が元になっていると言うことで上品な印象が強いのですが、こちらは少しカジュアルな印象です。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS①

アップで見てみますと、こんな感じです。ブラウン×ホワイト×グリーンと言う配色が気に入りまして、この度購入することと致しました。ちなみにセール価格に加えてポイントも使用しましたので、相当にお買い得なプライスでした。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS②

仕様はベーシックなトレ・ピエゲ(3つ折り)。私は普段ドディチ・ピエゲ(12折)やセッテ・ピエゲ(7つ折り)、クワトロ・ピエゲ(5つ折り)と言った仕様のネクタイを好んで使っております。それらと比べてしまいますと、さすがにトレ・ピエゲはボリューム感がなく、ペタっとした印象になってしまいますが、スフォデラータ(裏地なし)仕様のために、柔らかい風合いは健在でした。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS④

フワッとした柔らかさを追求されたい方は、折りの回数などにもこだわった方が良いとは思いますが、もちろんその分お値段も上がってきますので、そのあたりはコダワリと予算との兼ね合いとなりますでしょうか。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS③

ちなみに、今年Sharonさんで購入した同じF・マリーノの花小紋柄タイ(クワトロ・ピエゲ)と並べてみますとこんな感じです。ベースとなるブラウンはややダークながら、ホワイトの紋様が入っておりますので、全体の印象としてはむしろ明るく、カジュアルな印象になるかもしれませんね。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS⑤

実際、「悩めるトルソー君」に着用してもらいますと、こんな感じです。遠目に見てもホワイトの模様が効いていて、Vゾーンに光がさす感じが致しますね。春夏のネクタイとしては使い勝手が良いかもしれません。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS⑥

折りの回数が少ないので、ノットもかなり小さく絞り込むことができますね。ただ、個人的にはやっぱりクワトロ・ピエゲ以上の方が、ノットの形や絞り込む際の”感覚”が好みと言う印象でした。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS⑦

少しアップで見てみますと、こんな感じです。グリーンの紋様が今度は効いてます。ブラウン×グリーンは好きな配色の一つですが、こんなクリアな雰囲気で合わせることが出来ますと、春夏のVゾーンとしてもアリと言う気が致します。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS⑧

個人的に好きなダブル・ディンプルも造りやすいですよ。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)の小紋柄プリントタイ_2016SS⑨

■ネクタイ・マニア
人の気持ちは移ろいゆくものです。

「ネクタイなんかにおカネを払うのはもったいない!」

と、セールでしかネクタイを購入したことのなかった私がネクタイに魅了され、早数年。今では、普通の感覚からすると「!?」と言う価格の高価なネクタイにまで、”投資”をするようになっておりますことは、本Blogの読者さまが一番お分かり頂いているかと思います。

同じスタイルでもネクタイ一つで大きく印象は変わりますし、例え同じ色や柄であったりしても、素材一つでまた印象が異なってくると言う、非常に興味深いアイテムがネクタイだと思っております。しかも、気温調節や体の保護と言った”特別な機能を持たない”のに、メンズファッションの中心に陣取る(位置する)と言うアイテムであるのですから、また不思議なものですね。(笑)

私もこれまで様々なネクタイを試してまいりましたが、ここ最近は本日ご紹介したフランチェスコ・マリーノと、ジュスト・ビスポークと言うネクタイ・メーカーにほぼ決まってきております。もちろんたまにマリネッラやISAIAなんかも購入するのですが、大抵セール・プライスになった時のみで、プロパーで購入することは稀ですね。

そのような中で、ここ最近はインスタグラムなどにおいてイタリアをはじめとしたネクタイを、個人で輸入されていらっしゃる方もお見受け致します。

代理店や小売店を挟まず、インスタグラムを通じて良いな!と思ったネクタイを、個人が気軽に生産者(海外メーカー含む)から購入出来る時代になっているのですから、スゴイことですよね。

ネクタイも色々と見ていきますと、メーカーによって持っている雰囲気や風合い、と言うものがありますね。そう言った”微妙な違い”を感じ取れるようになったら、きっとあなたもネクタイ・マニアです。(笑)

私もそんな”微妙な違い”を最近は少しずつながら感じとれるようになってきており、インスタグラムで見かける海外のネクタイメーカーのノットやディンプル、生地、そして大剣の雰囲気などを見ながら、”こんなネクタイなのかなぁ~”と想像しては楽しんでおります。

私もインスタグラムでフォローさせて頂いている方に習い!?、マリーノやジュスト以外のネクタイにも今後チャレンジ出来ればと思っておりますので、そう言った機会がありましたら、この場を借りて皆さまにもご紹介出来ればと思います。

もし皆さんの中で、このネクタイは良いよ!と言う情報がありましたら、是非ご紹介くださいませっ。








Comment

elnegro says... ""
こんばんは。
BEAMSの仕様(トレ・ピエゲ)はたしかにやや物足りない雰囲気もありますよね。
私はスッキリして良いとポジティブに捉えていますが、おっしゃることはよく分かります。

それにしてもかわいい小紋ですね、これは私は見ていない気がします。
本当にBEAMSでの扱いが増えているということでしょうかね。(^^;;
2016.07.02 23:22 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちは!コメントありがとうございますっ。
確かにセッテピエゲなどに慣れてしまうと一瞬びっくりしますが、トレピエゲはこれはこれでジャケットによってはスッキリまとめられると言う見方もできますので、アリですよね^^

私も今まで見た小紋柄の中ではちょっと珍しいタイプのものだったので、思わず買ってしまいました。他で購入する際には、Sharonさんでは取り扱いがなさそうな雰囲気のモノを意識して、購入しておりますよ。(笑)

今まではBEAMSでのマリーノの扱いは数種類しか無かったのですが、今季は大量に扱っておりましたので、今後も期待したいところです!

2016.07.03 00:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/953-bdae54b4