<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

カプリシャツは、いつもと違う気分が味わえます!?:Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ

こんにちは!
本日は、前回購入をご紹介致しました、Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツの着用イメージをお届けしたいと思います。

それでは、早速まいりましょう。

■カプリシャツは、サイジングが難しい!?
さて、購入時のレポートで数年前からカプリシャツの購入を検討していたことはお伝え致しました。実は、1度BEAMSさんにてカプリシャツの購入を検討し、試着したことがあったのですが、その時はかなりタイトで体が入りませんでした・・・。

スタッフの方曰く、ワンサイズ上げると大きいので、少しタイトですが今試着されているサイズがおススメとのこと。その後何度かトライしたのですが、無理に着るとブチッと行きそうで怖くて購入をあきらめたことがありました。

今回もサイズ表記とにらめっこしながら、マイサイズ(XS:42~44)だと思われるサイズの唯一の在庫を確認し、思い切って購入した経緯がございます。実際に着用してみますと、以前試着した際よりはスムーズに着ることができるのですが、やっぱりプルオーバータイプのシャツと言うことで前があきませんので、結構タイト目です。

特に脱ぐ際にはちょっとしたコツを必要としますので、カプリシャツを脱いでる時は、人に見られたくない感じです。(笑)

それだったらワンサイズ上げれば良いのでは!?と言うご意見も頂きそうですが、サイズ表記上の数値が2~3cm程違う上に、袖丈に至っては5cmも違いましたので、今回は上述しましたXSをセレクト致しました。今後カプリシャツの購入をお考えの方は、普通のシャツ以上にサイジングが難しいように思いますので、出来れば試着して、店頭で購入できるのがベストかと思います。

と言うことで、そんな着たり、脱いだりするのに一手間かかるカプリシャツの着用イメージをお届けしたいと思います。

■カプリシャツは、いつもと違う気分が味わえます!?
さて、まずは上半身のアップから。172cm 60kgでサイズXSです。肩幅43cmでジャストフィットのような感じでしょうか。ちなみにSですと肩幅45cmでした。襟は購入時の記事でも記載しました通り、芯材が固めでまだ馴染んでいないのでハネ気味ですね。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ②

着たり、脱いだりするのは若干大変ですが、身幅や腕の太さなんかは良い感じです。また、画像には映っていませんが、後ろ身頃もダーツが入っておりませんので、綺麗に見えますね。カプリシャツはドレス・シャツとは異なり、1枚で着ることが前提ですので、ダーツがない方が美しく見える気が致します。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ①

第1釦を開けた際に後ろに流れるカッタウェイカラーが良い感じですね。また、空回りもほど良くイセが取られており、またフロント釦のループがゴムになっておりますので、腕の稼働もスムーズです。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ③

ちなみに、私は前を開けて着る予定はございませんが、フロントの釦を締めないと、かなり深くてセクシーなVゾーンが!?出来上がります。(笑)タウンユースでは難しくとも、リゾート地ではありかもしれませんね。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ④

初めて着用した際は、こんな感じで着てみました。インコテックスのコードレーンパンツ(30)に、TIBERIO FERRETTI(ティベリオフェレッティ)のメッシュベルト、レイバンのウェイファーラー、そして足元は写っておりませんが、ガイモのエスパドリーユでした。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ⑦

袖丈は正直若干短め(57cm)ですが、腕まくりをしてしまえば問題ありません。(笑)また、個人的に驚いたのが、その着心地の良さです。イタリアの名門Canclini(カンクリーニ)のアイリッシュリネンだそうですが、サラッとした肌触りで、汗をかいても肌に張り付くことがなく、盛夏でも快適に着用することがでいます。もちろん素肌に着ております。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ⑤

タックアウトが前提ですので、スクウェアにカットされた形状で、スリットも深め、かつ適度な着丈の長さですので、歩行時に障害となるようなことはございません。着丈の前後差も絶妙で、やはり長く愛されるだけあって良いバランス感で仕上げられているように感じます。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ⑥

白パン以外にも、こんなヴィガーノのストライプパンツなんかにもあわせて楽しみたいと思っておりますよ。
Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)のリネンポプリンカプリシャツ_着用イメージ⑧

さて、いかがでしょうか!?実際形が若干違うだけなのに、普通のシャツとは大分違う印象がヴィジュアル的にもありますし、着ている本人の気分的にも、まるでリゾートにいるかのような高揚感があったり致します。

カジュアルシャツですといつもと雰囲気が変わらないし、かといってポロシャツやTシャツですとちょっとカジュアル過ぎる、と言った時に、こういうプルオーバータイプのカプリシャツなんかがワードローブに1枚あると、着こなしの幅もぐっと広がって便利かもしれませんね。

私は購入を数年ほど見送っておりましたが、もっと早く購入していても良かったな、と今更ながらに思います。

と言うことで、この時期の単調な着こなしに、ヴィジュアル的にも気分的にも新たな風を運んでくれるであろうカプリシャツ、おススメですので、まだお試しされてらっしゃらない方は、是非店頭でご試着だけでもされてみてはいかがでしょうか!?最後のセール戦利品としてもおススメですょ。(笑)









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/984-ffb386e4