<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

秋冬のお買いもの前に、チェックすべきこと!?

こんにちは!
本日は、「秋冬のお買いもの前に、チェックすべきこと!?」と言うテーマでお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■キャリー品をチェックする!
さて、先日「2016年AWの買い物計画を、考える:前編」「2016年AWの買い物計画を、考える:後編」と言う記事をお送り致しました。この記事におきまして、私の今期AWの買い物計画の概要については触れておりましたが、私はシーズン立ち上がりの前後に際しまして、必ずやっておくことがございます。それは、

キャリー品をチェックする!

と言うことです。自分のワードローブを眺めたり、今後の着こなしを考えた上で、次のシーズンに買い足したいものがある程度決まってまいりますと、インターネットShopを中心にキャリー品やセール品を事前にチェックするのです。

メンズクロージングの世界はレディースに比べて、そのトレンドの変化が少ない、と言うことはこれまでもお伝えさせて頂きました。従って、柄や素材がトレンドものであっても、余程トレンド色が強くなければ長く着用することが出来ますし、仮にトレンドど真ん中のアイテムであったとしても、2~3年は違和感なく着用出来ることが多いと思っております。

よって、購入を検討しているアイテムのいくつかをキャリー品などで少しでも安く手に入れることが出来れば、その浮いた予算は他のアイテムに投入出来ますし、場合によっては使わずに済むことも多々あるわけです。

そんな思惑を持ってマーケットをチェックしてみますと、結構魅力的なアイテムがあったり致します。

と言うことで、本日はAWアイテム中心に、これはお買い得!と言うものや個人的に気になっているアイテムなんかをキャリー品を中心に、ご紹介したいと思います。

■これはお得!?AWアイテムを購入する前にチェックしたい!
まずは、最初はスティレ・ラティーノのスーツです。

生地的には秋冬よりも、春夏、秋口あたりがメインとなりそうなネイビーストライプのスーツですが、新品ながら8万円代という驚異の価格。この2016年AWの新作は、春夏よりも若干価格が下がっているとは言え、スーツですとプロパーで30万円を超えるほどの価格になってしまっておりますが、このプライスならチャレンジしたい!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。




こちらは起毛感のあるウール素材。チャコールグレーにホワイトでうっすらとストライプが入ります。今は取扱店舗が大分少なくなり、存在感が薄くなっているボリオリですが、一世を風靡したDOVERには普遍的なスタイルを感じます。こちらはラペル幅がややワイドな気もしますので、NEW DOVERかもしれませんね。それが新品で税込7万円を切るのですから驚きです。



ちなみにスーツで個人的に気になっているのは、アランのダブルブレステッドのスーツ。厚手で起毛感のあるウール×コットン素材に加えて、無地のライトグレーと言う使いやすそうな色合いです。更に、新品ながら3万2400円(税込)!と言う驚きのプライス。新品のフィナモレのシャツよりも安いかもしれませんね。



そして、ここ1、2年ほど注目度が高くなっている柄の1つであるハウンドトゥース。柄の大きさによっては若干トレンド色が強い感じも致しますが、遠目にはチェックに見える位の柄サイズであれば長く着用できるかもしれません。このブラウンカラーのハウンドトゥースには惹かれますね。



個人的にも無地のスーツやジャケットは充実してきておりますので、チェック柄などの柄物ジャケットは気になるところ。そのような中でキャリー品ではなく、2016年AW物ながら4万円を切るプライスで販売されているジャケットもあったり致します。



上記にご紹介したラティーノやボリオリ、アラン、L.B.M.1911はどれもマシンメイド主体、もしくはマシンメイドのブランドですが、かなり魅力的なプライスかと思います。価格と仕様、出来映えのバランスは良いと思いますので、ピンと来たらワードローブに加えるのもアリかなと思います。

続きましては、シャツ。このSSにセールプライスで購入し、今更ながらその出来映えの良さに驚いたルイジ・ボレッリのシャツ。購入したのはカジュアルシャツでしたが、1度ドレスシャツも試したいと思っております。

このAWの買い物計画におきましては、シャツは”着こなしの深さを追求”する、つまり私の考えるドレスシャツのメインであるサックスカラーながら所有する番手とは異なる生地のものや、ビスポークにチャレンジしたいと思っていることは既にお伝えした通りです。ただ、現在持っていない色のシャツを買い足すことで、”着こなしの幅を広げる”アプローチも多少ながら考えておりますよ。



なお、サイズがあれば買い足したかったボレリのカジュアルシャツ。2万円と言う価格を考えたらかなりコストパフォーマンスの高いシャツだと思いますので、ボレッリのシャツを未経験の方には特におススメしたいです。



こちらは春夏ものですが、私が今期購入したカプリシャツが破格。しかもギローバーのものなので、一定のクオリティは担保できそうです。マイサイズのカラーは殆ど残っているので、7分袖さえアリであれば購入候補に入れても良いかもしれません。



ベーシックなグレーのパンツは予備も含めて2本はあっても良いかなと思っておりますが、セールですとベーシックなアイテムは直ぐに完売しがちです。こちらのPT01のフランネルパンツは、ミディアムグレーが最後の1本ながら残っておりました。サイズが合えば大変お買い得かなとと思います。



今期は英国調やプリーツと言うキーワードが並ぶパンツのトレンドですが、キャリー品でもそんな今期のトレンドだと言われているものもございます。グレンチェックにプリーツが入ったパンツはまさに今期のトレンドど真ん中。ま、それだ変化があるようでないのが良くも悪くもメンズファッションの特徴ですね。



と言うことで、探せば他にもキャリー品ながら全然”使える”アイテムが結構あったり致します。私もこのAWにワードローブに加えたいと考えていたアイテムを見つけておりますので、現在新作の購入タイミングを踏まえて考えたいですね。

皆さまも、新作の前に今一度キャリー品、セール品をチェックされてみてはいかがでしょうか!?意外にも!?こんなアイテムや、あんなアイテムをお得に購入できることがあるかもしれませんよ!?







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/992-b838aa7a