<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW(ドディチ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!
本日は前回に引き続き、2016年AWアイテムをご紹介したいと思います。

それでは早速参りましょう。

■ドラッパーズの生地を贅沢に使う
さて、ペイズリー柄のネクタイとともに購入致しましたのは、ドラッパーズの生地を使ったソリッド(無地)のネクタイです。カラーはブラウン。シルクのブラウンカラーのソリッドタイは持っておりますが、ウール素材は初めての購入となりました。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW①

一般的にネクタイに使われる生地はスーツやジャケット地に比べますと打ち込みが甘いと言います。それは用途を考えれば当然なわけですが、こちらは人気のマーチャントであるドラッパーズの生地を使っております。つまり、本来スーツやジャケットに使われる生地を贅沢にも用いているわけですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW②

独特の光沢感、打ち込みのしっかりした高品質感に加えて、ドディチ・ピエゲ(12折)のスフォデラータ(裏地無し)仕様。折りの回数が増えればその分生地の大きさも必要になりますし、裏地をつけないと縫製にも気を使わなければならないと言う、非常に贅沢なネクタイが、このジュスト・ビスポークのウール・ソリッドネクタイなわけです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW③

もちろんこちらはSharonさんのエクスクルーシブなモデルです。素晴らしい技術には良い素材を合わせてこそ良さが際立つと言う、最高のモノをお客様に提供したいと考えているSharonさんならではの生地セレクトですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW④

なお、ドラッパーズの生地を使ったソリッド系ネクタイの入荷本数は、生地の在庫上極端に少ないものがあり、今回ブラウンは1本のみの入荷でした・・・。他にも何種類か1本のみ入荷の魅力的なソリッドタイがあり、悩みに悩んだ末に、

もう1本買っちゃいました。(汗)

それが、こちらのブラウンがかったベージュカラーのソリッドタイです。画像だと太陽光が強く、明るいベージュに見えるのですが、実際にはもう少しトーンが落ち着いているベージュと言った感じの色見です。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑤

しっかりとした打ち込みの密度を感じる表情です。また、しっかりと打ち込まれた生地を使うことによって、光があたった際には独特で上質な光沢感に繋がります。そしてこれがシンプルな着こなしをした際にもしっかりと表情を作ってくれ、エレガントな雰囲気を醸し出してくれるのです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑥

なお、インスタグラムにおいて最も褒められる!?ネクタイが、このジュスト・ビスポークだったり致します。特に海外の方からの評判は圧倒的に良く、ソリッドなど無地であっても「良いネクタイだね!」と言うコメントを頂ける位ですので、ネクタイとしての上質感もしっかりでているのだろうなと、都合良く解釈しております。(笑)
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑦

小紋柄やストライプなどはジュスト以外でも魅力的なネクタイメーカーはありますし、特にフランチェスコ・マリーノなどは生地の質も私好みの軽やかな質感で思わず手が伸びてしまうことが多々あります。しかし、ジュストのソリッドタイは他のネクタイには無い存在感であり、魅力がありますので最初にご購入される1本としてもおススメですょ。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑧

ちなみに実際にしめてみたイメージもご紹介しておきます。まずはブラウンから。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑩

かなりシックな表情で、大人な雰囲気が良く出るように思います。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑪

タイユアタイのネクタイとは違い、大剣、小剣以外にはしっかりと芯材が入っておりますので、ディンプルも作りやすく、凹凸感のある立体的なディンプルを作ることができるのも特徴の1つかもしれません。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑫

続いて、ベージュ。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑬

現在ミディアムグレーのエスコリアルを使ったスーツを直井茂明氏に仕立てて頂いておりますので、そのスーツに合わせて使いたいと思っておりますよ。グレーとベージュ、なかなか品の良い雰囲気になるのではないか!?と今から楽しみにしております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑭

ちなみに今期から若干値段が上がってしまっているモノが多いのですが、それを差し引いてもなお、ドラッパーズの生地を使い、ドディチ・ピエゲ(12折)、かつスフォデラータであることを考えますと、唯一無二のネクタイであり、良心的な価格設定だと思っております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑮

結局今期も立ち上がりで3本買い、と言ういつもの流れになってしまいましたが、ネクタイは使用頻度も高く、ジュスト・ビスポークをはじめ、最近購入しているネクタイは毎回満足度が高いので一切の後悔は無しですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑨

世間に比べる大分遅い!?AW最初の買い物となりましたが、これから少しずつエンジンをかけながら、今季も皆さまとともに走り抜けたたいと思いますっ♪









Post comment

管理者にだけ表示を許可する