fc2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

Think Elegant !

ファッションを通して自らの人生と向き合い、美しいと感じるスタイルを追及するブログです。

人生最後の日に何を着るのか!?:グレー無地 ダブルブレステッド ビスポークスーツ by Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)

こんにちは!
本日は「人生最後の日に何を着るのか!?:グレー無地 ダブルブレステッド ビスポークスーツ by Sartoria Solito(サルトリア・ソリート) 」と言うテーマで、少し前に納品を頂いていた、Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)による ビスポークスーツをご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■最高は1着で良い!?
先日久しぶりにSharonさんにて開催された、サルトリア・ソリートのトランクショーに参加させて頂きました。現在仕立てて頂いているジャケットの中縫い、仮縫いを済ませて来たのですが、合わせて納品を頂いていたスーツを引き取ってきました。

納品時にも当然試着はしていたのですが、帰宅後に改めて袖を通してみて思ったことは

最高かよ。

の一言でした。(笑)

今回納品を頂いたのは、グレー無地のダブルブレステッドスーツです。以前「The BEST of Double Breasted Suit : Sartoria Solito(サルトリア・ソリート) ビスポークスーツ」と言う記事において、ネイビー無地のダブルブレステッドスーツを納品頂き、あまりの良さにグレーのダブルも追加オーダーしてしまったと記載しておりましたが、その時のスーツがこちらになります。
ソリート_エスコリアル_グレーダブル1

オーダーを入れたのは日本における本格的なコロナ禍突入の直前でしたので、今や社会環境の変化に伴い、私のビジネスウェアもコロナ禍以前に比べると様変わりしています。よってスーツを着る機会があるのか?と言われれば、限りなく減っている現状は否めないわけですが、正直そんなことはどうでも良いと感じるほど、素晴らしい出来栄えでした。
ソリート_エスコリアル_グレーダブル2

生地はネイビーのダブルブレステッドスーツと同じ、エスコリアルウールの4plyになります。独特のヌメリ感からは上品さを感じ、カシミアのようなタッチがあるにもかかわらず、カシミアほど扱いに繊細さを求められない実用性の高さも魅力的。個人的に一番好きな生地の1つであることは、これまでも述べて来た通りです。
ソリート_エスコリアル_グレーダブル3

ネイビーのダブルブレステッドスーツも「The BEST of Double Breasted Suit」と表現しましたが、今回も「グレー無地のダブルブレステッドスーツとしては、アガリの1着」だと確信しています。よって今後ネイビー、グレーともに無地のダブルブレステッドスーツを秋冬用としてオーダーすることは、私の人生では二度とありません。つまり、人生で最初で最後のグレー無地のダブルとなります。

最高は1着で良い

1年には春夏秋冬と4シーズンがあり、それぞれが3、4カ月間くらいですよね。冬は12月から2月までの3カ月、春は3月から5月の3カ月、夏は6月から9月4カ月、秋が10月、11月。

1ヵ月は30日くらいですから、スーツやジャケットでSS/AWでそれぞれ30着程度を保有する私のような方は、1着あたりのシーズン着用機会って、ざっくり3、4回くらいになりますね。

30着を持っている方が1日1着ると、30日で全部を1回着る計算です。これが3~4カ月あるわけですから、3、4回。

もちろんスーツやジャケットを着ない日もありますし、アイテムの頻度等によって1回しか着ないもの、5,6回着るものなどのばらつきはありますが、1シーズン片手くらいしか着ない服って、なんかモッタイナイし、せっかく買ったのに、仕立てて頂いたのに・・・と言う感覚を最近強く持つようになりました。

服好きなら毎日違う服を着たい!と言う気持ちがある方もいらっしゃると思いますし、私も若い頃であればそういった感覚もあったように思います。

しかし現時点においては、”本当に好きな服を長く、出来るだけ沢山着ることが自分の人生にとっては幸せだ”と言う価値観が強くなっています。よって自分の好みに沿ったスタイルにおいて最高だと、自身が感じられる服がそれぞれ1着あれば良いと考えるようになりました。

■人生最後の日に何を着るか。
さて、かなり重い!?サブタイトルです。(笑)

実は嫁さんは私と違って服好きでもなければ、モノ好きでもない。いわゆる、イベントや旅行などのコト好きです。よって、これまで「そんなに服を持っていてもあの世には持っていけないよ」的なことを沢山言われておりました。

確かにそれはその通りなのですが、好きな服、モノに囲まれることで現世を楽しく、幸せを感じながら過ごすことが出来るのであれば、それもまた良しと言う感覚でした。笑。

しかし、クローゼットから溢れ出し、積み重ねられた自らの服を見続ける中で、これからは心の底から愛すことの出来る服のみを手元に残し、そうではないものは少しずつ処分していこうと言う考え方に変わってきています。

そのような中で、「人生最後の日には何を着るのか?」と言うことをたまに考えることがあります。(笑)体は1つのみなので、身にまとうことが出来る服は1着のみ。かなり難しい判断になりますね。その時になってみないと分かりませんが、もし今判断するのであれば、今回受け取ってきたスーツは、その選択肢の1つに入るくらい気に入っています。
ソリート_エスコリアル_グレーダブル5

人生最後の日を迎えるその時まで感性を磨き続け、最後は自分の人生にとって最高の1着はこれだと言う判断を自信を持って行い、服飾人生を晴れて卒業出来ればと思っています。





il Quadrifoglio(イル クアドリフォリオ)のスエードタッセルローファーが納品!

こんにちは!
本日は「il Quadrifoglio(イル クアドリフォリオ)のスエードタッセルローファーが納品!」と言うテーマで、昨年4月に参加していたイルクアドリフォリオの10周年記念トランクショーにてオーダーした靴が納品されましたので、これを取り上げてみたいと思います。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー1
※「il Quadrifoglio(イル クアドリフォリオ)の創業10周年記念トランクショーに参加してみた!

それでは、まいりましょう。

■唯一無二の曲線美
近年はだいぶ落ち着いてきましたが、一時のビスポーク業界!?の盛り上がりは本ブログをお読みいただいている方であれば、ご存知の通りかと思います。

海外のみならず、日本人の様々職人さんがメディア等でフューチャーされ、今では多くのスーツや靴の職人さんが活躍されていらっしゃいます。

私個人は特に海外志向、ブランド志向と言うわけではなく、自分自身の感性や美意識に従って、自分が一番美しく、かつ実用性の観点からも着心地、履き心地が良いと思う物を厳選してオーダーしています。

その結果、特に好んで現在身に着けているものが、スーツであればサルトリア・ソリート、シャツであればジ・イングレーゼやルカ・アヴィタービレ、靴であればイルクアドリフォリオになります。そのどれもが私の考える美しさを内包しており、それでいながら着心地、履き心地と言う実用性をしっかりと伴っています。

服はどこまでいっても実用品としての域を出ないと、私は考えています。中には趣向性の高い服、アイテムも存在しますが、着心地が悪かったり、履き心地が悪いものは自分の経験上身に着ける機会が減ってしまい、結果として手放すことに繋がってきたことを学んでいるからです。

だからこそ、美しいだけではダメで、しっかりと実用性が伴っている服や靴であることが大切だと思っています。

そのような中で今回納品頂いたのが、トランクショーの記事にも記載していた、ダークブラウンカラーのスエードタッセルローファーになります。実はもう少し早く納品頂ける予定だったのですが、私が仕事等の関係でトランクショーに参加できなかったり、微修正を施して頂いたこともあって、このタイミングでのご紹介となっております。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー2

今回納品頂いた靴の実物が、こちらです。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー3

イルクアドリフォリオの魅力って何!?と聞かれれば、真っ先に答えるのが、日本人の職人さんらしからぬ、この色気を伴った”曲線美”だと私は考えています。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー7

恐らく世界で最も手先が器用な民族が日本人であり、それ故世界で活躍している靴職人の中でも、日本人はかなり多いのではないかと感じています。実際にインスタグラム等で仲良くなった服好きの集まり等に参加した際には、著名な日本人の職人さんが手掛けた靴を拝見させて頂く機会も多く、その緻密な仕事にはため息が出るほど。

綺麗さ、仕事の丁寧さと言う観点で言えば、魅力的な仕事をされる日本人の職人さんが沢山いらっしゃることは私も知っているのですが、やはり私が求めたいのは色気を伴った美しさ。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー4

その点、女性靴の製作からスタートし、車やバイクのフォルムにインスピレーションを得ていると言うイルクアドリフォリオの久内氏の靴は、どの日本人の職人さんにも見出すことの出来ない、色気ある曲線美が伴っているように私には見えるのです。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー8

■職人のタイプ
私が自分自身の経験、そして様々な職人さんの作品や実際にビスポークをされた方の話を伺うと、職人さんは大きく2つのタイプに分かれるように感じています。

1つは、アーティストタイプ。このタイプの方は美的感性に優れており、作り上げる作品はまさに芸術作品。インスタ映えのするフォルムを伴っていることが特徴です。

そんな芸術的な美しさを有する一方で、デメリットとしては着心地や履き心地が犠牲になっていることが多い点。顧客の体型、脚に合わせると言うよりも、自分が美しいフォルムを追求しますので、実用性に欠けることが多いと言います。

よって見る分には良いのだけど、着たり、履くのはちょっと。。。と言った感想が多く、コレクタータイプの服好きの方に向いているように思います。

これに対してもう一方のタイプが、職人タイプ。こちらのタイプの方はフォルムこそ普通ですが、顧客との対話をしっかりとこなし、愚直に、モノづくりを丁寧にこなすことが特徴です。

私個人の印象としては、日本人の職人さんはこちらのタイプの方が多いように感じます。モノづくりをとても丁寧にされるので、実用性もしっかりと伴っており、顧客の満足度も高いです。

デザインやフォルムについては、私が表現するのであれば、美しいと言うよりも、綺麗と言う言葉合うように感じます。よって私のような独自のこだわりりや、色気などの要素を求めないのであれば、ビスポークをするにあたっては良い選択肢になり得るように思います。

ではイルクアドリフォリオの久内氏はどちらのタイプなのか!?と言われると、その間にポジショニングされると言うのが、私個人の見解です。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー5

イタリアらしい色気、曲線美を追求しながらも、高いレベルでの履き心地の良さを実現する。ご本人曰く、『追求し過ぎる、攻めすぎることで失敗することもある』と言うような趣旨のことを仰っていましたが、それでも独自のスタイルを高いレベルで追い求める姿勢は、やはり日本人の職人さんなんだなと感じています。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー6

■秋からデビュー予定
さて、そんなイルクアドリフォリオのスエードタッセルローファーですが、今年の秋からデビューをさせようと考えています。

実は7月に納品された際に、若干ヒールが緩いかなと感じましたので、その点を相談して微修正を行って頂きました。微修正なので吊り込みをし直して頂いたわけではなく、ヒールに少し革を足してフィット感を高めると言うアプローチで対応頂いた模様。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー12

実際に履いてみると、ビタっとかかとに張り付くようになっていので、その変化の具合には驚いた次第です。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー13

気になることがあればしっかりと対応してくださいますので、その辺りも安心感をもってオーダーすることが出来るポイントかもしれません。

なお、今回は10周年記念のトランクショーでオーダーしたので、特別に靴と同じ革を用いたビスポークベルトが付いてきました!
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー10

私はゴールドのクラシックな猫足!?のようなデザインのバックルを選んでいましたので、色気あるローファーに合わせるにはぴったりの雰囲気と、ドレッシー過ぎない、ほど良いカジュアル感があって良いかなと思っています。
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー9

もちろんビスポークなので、穴は1つ。「体型維持」を自分自身にかす、良いアイテムの1つです。(笑)
イルクアドリフォリオ_タッセルローファー11

と言うことで、自身8足目となったイルクアドリフォリオのビスポークローファーのご紹介でした。服も靴も溢れてしまっているので次の一足は今回はオーダーしていないのですが、納品頂いたローファーを履き込みつつ、フィードバックが溜まったタイミングでもう1足ローファーを仕立てて頂いても良いかなと思っていますので、その時を楽しみに待ちたいと思います♪




珍しいヴィンテージ生地を用いたビスポークジャケット By サルトリア・ソリート

こんにちは!
本日は「珍しいヴィンテージ生地を用いたビスポークジャケット By サルトリア・ソリート」と言うテーマでお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■怒涛の納品ラッシュ
2019年末に始まった世界規模のパンデミックであるコロナ禍ですが、早くも始ってから3年が経過しようとしています。

肝心の新型コロナウィルスはこれまでのウィルスの歴史が証明しているように弱毒化し、今では季節性インフルエンザの致死率と同程度になったとも言われています。もちろん今でもその起源は分からず、人によっては後遺症が長く継続するなど、決して軽視しても良い存在になったとは言い難い部分がありますが、それでも世界は「With コロナ」と言うことで、新型コロナウィルスとの共存の道を選んだと言いますか、選ばざるを得ない状況にあるように思います。

このような中で、メンズクラシックウェアの世界も「with コロナ」時代における新たな枠組みによる動きも一部では見られるようです。

私がお世話になっている北参道にあるSharonさんにおいて定期的に開催されていたサルトリア・ソリートのトランクショーも昨年から再開し、数年ぶりにルイジ・ソリート氏と対面。コロナ前にオーダーをしていたアイテムが続々と納品され始めました。

今後はこれまでの頻度での開催は難しいかもしれないと言うお話もありましたが、それでも、今まで通りの”オンサイト形式”での開催を検討頂いている模様です。

これに対して、中にはトランクショーの形式事態を見直し、Zoom等で海外のサルトや職人とを繋いで”オンライン形式”で開催しているショップなどもあると聞きますが、やはりフィッターが実際の目で見て、手で触りながら確認をするのと、画面越しでフィッティングを確認するのとでは大きな違いがあるように思います。更に、職人さんと実際に対面してコミュニケーションを楽しむこともビスポークの醍醐味の1つですから、古い価値観なのかもしれませんが、個人的にはこれまでのトランクショーのスタイルが継続されることを願っているうちの1人です。

このような中で、昨年末に11月に開催されたサルトリア・ソリートのトランクショーにおいて、ジャケットの納品がありました。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW

昨年再開されたトランクショーですが、このジャケットで既に3着目・・・。まだコロナ前にオーダーしているスーツが1着残っているのですが、怒涛の納品ラッシュになっています。

■ヴィンテージ生地の醍醐味を堪能できるスポーツジャケットが納品。そしてデビュー。
今回納品を頂いたのは、BRAYDON THOMPSONと言う聞きなれないメーカーのヴィンテージ フランネル生地。ウール87%×カシミア5%×ミンク5%×チンチラ3%と言う珍しい混率です。
ウール_ミンク_カシミア_チンチラ_1

ベージュ×オフホワイト×ダークブラウンベースのハウンドトゥース柄ですが、よく見るとグリーンも配色されており、かなり凝った柄になっている点にビジュアル上の特徴があり、
ウール_ミンク_カシミア_チンチラ_2

また、昔ながらの低速の織機で織られているために目の詰まったコシ、ハリ感がありますが、触った感じはガシガシ感のない、ふわっとした柔らかさがある点が魅力的。こちらはルイジソリート氏の持ち生地ではなく、確かSharonさんが独自に仕入れた生地であったように記憶しています。
ウール_ミンク_カシミア_チンチラ_3

ヴィンテージ生地と言うと聞こえは良いですが、現在入手することの出来るヴィンテージ生地の多くは当時の売れ残りだったりするわけです。それでも生産効率を追い求めた現在のミルでは”生産することの出来ない”ような手間暇のかかった色、柄、質感の生地であると言う点こそ、ヴィンテージ生地の最も大きな魅力だと感じています。

私は生地マニアではないですし、ヴィンテージ生地信仰者でもありませんが、お金を出せば必ず購入できると言ったものではない、こういった着分限定のヴィンテージ生地との出会いはまさに”ご縁”。よって自分のスタイルや感性に響いたものであれば、お迎えするのはビスポーク好きならではの性なのかもしれません。

そんなヴィンテージならではの魅力が詰まった生地を用いて仕立てて頂いたのは、私のジャケパンスタイルにおける王道の仕様である、2パッチバルカの3つボタン段返りのスポーツジャケットです。

昨年のクリスマスに”銀ブラ”をした際にデビュー。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_5

このAWのお気に入りのカジュアルスタイリングである、ハイゲージのタートルネックの上に厚みのあるフランネルシャツを着るという、ややジャケットに負荷のかかる着方をしました。秋冬用のジャケットはニットを入れることを前提としたフィッティングに仕上げて頂いているので、さすがに快適なフィッティングとまでは言えませんが(笑)、なんとか着ることが出来ました。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_2

最近のオフスタイルの際には、リラックス感を感じる、ガチのクラシックではないユルさのあるスタイリングが気に入っています。よって着用アイテムだけではなく、着こなしもそんな自らの気分を反映したスタイリングを意識しています。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_1

ソリート_ビスポークジャケット2022AW_3

ちなみにコートにはサルトリア・シャロンで仕立てて頂いた、ややオーバーサイズのカシミアのダブルフェースコートを羽織ったのですが、この日は外でも暑いくらい。ちょっと着込み過ぎました。(笑)
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_4

■ヴィンテージ生地の魅了を活かした、クラシックな着こなし
そして先日の冷え込んだ日には肉厚なフランネルがピッタリだと言うことで、よりクラシックな着こなしをしてみました。スタイリングは私の好みのエレガントな着こなしに仕上げています。

それが、こちら。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_ドレス3

遠目からでもハウンドトゥース柄がハッキリと認識できる大きさ、色柄なので、他のアイテムは極力シンプルにすることで、ガチャガチャ感の出ないように心掛け、色合いもベージュ×ブラウンのグラデーションカラーでまとめています。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_ドレス1

シャツにはホワイトを用いることでフレッシュさを前面に出しつつ、ネクタイにのみコントラストが弱いグレンチェック柄のベージュネクタイを合わせることでアクセントを付けました。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_ドレス4

この日はこの冬一番の冷え込みであった場所が多かったようですが、4者混のジャケットの下にはカシミアのカーディガンをまとっており、しっかりと防寒をしたおかげで寒さにも耐えうる装いになりましたょ。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_ドレス2

ちなみに足元にはダークブラウンカラーのスエードを用いたレベルソ仕立てのストレートチップで、シンプルかつクリーンに。
ソリート_ビスポークジャケット2022AW_ドレス6

最近はハウンドトゥース柄やチェック柄のジャケットが相次いで納品され、これまで無地が多かった私の装いにも、少しずつですが動きを感じられる着こなしになってきたように思います。

引き続き、自分の理想とする着こなしを追求、探求していきたいと思います♪





FOX BROTHERS ヴィンテージウール チェックジャケット Bespoked By Sartoria Solito

こんにちは!
本日は「FOX BROTHERS ヴィンテージウール チェックジャケット Bespoked By Sartoria Solitoと言うテーマで、先日お送りた「新境地にチャレンジし、感動したビスポークジャケット By サルトリア・ソリート」に続いて、同じタイミングで納品を頂いていたビスポークジャケットを取り上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■FOX BROTHERS ヴィンテージウール チェックジャケットが納品。
先日、”新境地”と表現してご紹介をしたサルトリア・ソリートによるヴィンテージツイードを使ったビスポークジャケットですが、思った以上の反響を皆さまより頂きました。



やはりジャケットに使われている生地が、私がこれまで好んで選んできた生地とは異なるテイストであったことが大いに影響をしているのかなと。

実際、ドネガル、シェットランド、ハリスなどのカントリー調のツイード生地を得意としているW.BILLのヴィンテージウールは、私が好んで着て来たベーシックかつエレガントな風合いとは趣がかなり異なりますので、ある意味での驚きを持って捉えられた方が結構いらっしゃったようです。

ただ、ジャケットをご紹介した記事にも記載しましたように、スタイルの幅を広げるためには、それまでの自分のスタイルの殻を意識して破っていくことが必要なので、そんなチャレンジする心、ファッションを楽しむ心はまだまだ持っていたいなと思っていたりします。

そして今回ご紹介するのも、W.BILLの生地でオーダーしたトランクショーにて選定していた生地。この生地は、フランネルなどの厚手、かつイングリッシュテイストの生地を作らせたら右に出る者はいない!?と言うほど有名な、フォックスブラザーズのヴィンテージウールになります。


かなり目の詰まった生地で、そこそこの重さと硬さがある、フォックスブラザーズらしい秋冬の厚みのある生地です。色はグレーベースにブラックとネイビーの細かなチェック柄が入りますが、柄が小さく、渋い色合いのために落ち着いた印象。無地が多かった私からすると、W.BILLよりも、こちらの方が入りやすい生地ですね。(笑)


この生地も無地系のスタイルから幅を広げることを目的に選びましたが、そんな厚さと硬さのある生地を、ナポリ仕立てで柔らかく仕立てて頂く贅沢・・・。まさに、ビスポークならではの醍醐味の1つかなと思っています。

■アイテムは変わっても、スタイルは変えない。
さて、そんなFOX BROTHERS ヴィンテージウールを使ってサルトリア・ソリートにビスポークして貰ったチェックジャケットですが、個人的に大切にしていることは"アイテムが変わったとしても、自分のスタイルは変えない"と言う点です。

私はシンプルでベーシック、かつエレガントな雰囲気のスタイリングを好んでいますので、カントリーテイストの生地であったとしても、また無地ではない、カジュアルなチェック柄の生地であったとしても、自分好みのエレガントなスタイリングに仕上げていくことを常に意識しています。

ちなみにこの日はインスタグラムを通じて知ることとなったアーティスト、緒方環さんの個展が東京ミッドタウンにあるインテリアショップの「Style Meets People」さんで行われており、時間がとれればお伺いする予定にしていました。

緒方環さんは墨の濃淡だけでスタイリッシュかつ、知的な色気のある雰囲気の男女の美しい作品を描かれており、その美的価値観に共感しているので、私も普段はほぼ着ることがないブラックを多用し、グレーと合わせて墨の濃淡を意識したコーディネートでお伺いしました。
緒方環氏_SUMIGA

なお緒方さんですが、下書きなどは一切せず、描き始めたら一気に絵描きあげるそうです。私はコーディネートにおいてシルエットなどのラインの美しさをかなり意識するのですが、緒方さんの作品のシルエットはとても美しく、シルエットフェチの私にとってはドストライク。笑。是非自宅にも作品をお迎え出来たらなと夢見ています。

少し話が脱線しましたが、そんな緒方さんの作品を意識しつつ、自分好みのスタイリングに仕上げて個展に伺わせて頂きました。基本的にはブラックとグレーの2トーンスタイル。
フォックスブラザーズ_ヴィンテージウール_ビスポークジャケットbyソリート01

近くで見るとジャケットにネイビーが入っていますが、スタイルに与える影響は軽微です。そしてニットとパンツには墨を意識したブラックを合わせていますが、基本的にはチャコールなどの濃いめのグレー系か、チェックの色を拾ってダークネイビーあたりの色にしてあげると、落ち着きが良さそうです。
フォックスブラザーズ_ヴィンテージウール_ビスポークジャケットbyソリート04


もちろん靴は黒靴で。
フォックスブラザーズ_ヴィンテージウール_ビスポークジャケットbyソリート03

なお、変化をつけるのであればネクタイやニットなどに差し色的な、少し明るい色を持ってきてもまた異なった印象のスタイリングが出来ると思っています。

やはりドレッシーな無地やストライプ柄と、カジュアルなチェック柄と間には大きな違いがあるように思っています。今回は柄の大きさが小さいので好みのスタイリングは容易でしたが、柄が大きくなると、また違うアプローチでのスタイリングが必要になりそうですね。
フォックスブラザーズ_ヴィンテージウール_ビスポークジャケットbyソリート02

先日参加させて頂いたトランクショーでも、またこれまでにないような生地にチャレンジしてみましたので、進捗してきましたら、改めて取り上げてみたいと思います。




新境地にチャレンジし、感動したビスポークジャケット By サルトリア・ソリート

こんにちは!
本日は「新境地にチャレンジし、感動したビスポークジャケット By サルトリア・ソリート」と言うテーマでお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■自分の殻を破る
日本における本格的なコロナ禍直前の2020年初頭、シャロンさんで開催されたサルトリア・ソリートのトランクショーでオーダーしていたジャケットを少し前に受け取っていました。

そして気温が下がってきた先日の週末、ようやくデビュー。



少し意外に思われた方もいらっしゃるかもしれない色、柄、雰囲気のジャケットは、自身としては”初”と言って良いほどカントリーテイストの溢れる、スポーティなジャケットでした。

このジャケット生地はトランクショーの際にルイジソリート氏が持ち込んだヴィンテージ生地のスワッチから選んだもので、W.BILLのヴィンテージツイード。少し分かりにくいのですが、グレーベースにグリーンやブラウン、ネイビーなどのハウンドトゥース(千鳥格子)柄が入る、カントリーテイストのある生地です。
サルトリアソリート_カントリーテイストジャケット_2

これまでエレガントな雰囲気の生地を選ぶことが多かった私にとってはかなり珍しいセレクトでした。2年も前のことなので若干記憶があいまいですが、それまで無地や、無地に近いジャケットが多かったので、柄物であったり、異なるテイスト、雰囲気のある生地を意識して選んだのだと思います。

そういう意味では自分の殻を破ることになる1着でしたが、スタイリングの幅を広げると言う観点においてチャレンジして良かったと思っていますし、袖を通した瞬間に鳥肌がたち、思わず笑顔が溢れるほど満足度の高いビスポークジャケットとなりました。

実際フィッティングも完璧で、ヴィンテージウールらしい目の詰まった、そこそこの重量感あるジャケットですが、羽織ってみると首筋から肩にかけて綺麗にフィットするので重さを感じることはありません。また日常生活においてジャケットに一番負荷のかかる態勢である靴ひもを結ぶ態勢も難なくこなす、仕立ての良さは相変わらず。

素晴らしい手仕事に感動し、自然と感謝の気持ちが芽生えます。

■カントリーテイストのジャケットを品良く着こなして参加したのは、サルトリア・ソリートのトランクショー!
そんなカントリーテイスト溢れるジャケットを私の好きなエレガントなスタイルに仕上げて?参加したのは、北参道にあるセレクトショップであるSharonさんにて先日開催されていた、サルトリア・ソリートのトランクショー。

デニムやチノを合わせるとカントリーテイストを感じるスタイリングになりますが、今回はフラノ素材のウールパンツを合わせて上品な着こなしをしてみました。
サルトリアソリート_カントリーテイストジャケット_1

また、カントリーテイストのジャケットにはブローギングやギンピングの施された靴を合わせたくなりますが、そこはあえてドレッシーなホールカットを合わせることでエレガントなスタイリングを貫きます。(笑)
サルトリアソリート_カントリーテイストジャケット_3

しかし、私は心からサルトリア・ソリートのスタイルが気に入っているのだなぁとつくづく思います。インスタグラムでも様々なサルトや職人さんの服を眺めていますが、ソリートを超える魅力を感じる服には出会えていません。

首から肩にかけての傾斜感やナチュラルかつ、柔らかな丸いシルエットを描くショルダーライン、襟の形状、大きさ、ボタンの位置といった極上のバランス感。
サルトリアソリート_カントリーテイストジャケット_5

そして立体的かつ美しく、優しい弧を描くドレープライン。まさに、私自身にとっての理想のスタイルがそこにはありました。
サルトリアソリート_カントリーテイストジャケット_6

今回参加させて頂いたトランクショーでも1着納品があったのですが(汗)、またまた心を揺さぶられるような、素晴らしい出来栄えに感動。


実は今回、私が予約時間を間違えて少し早めに訪問してしまったために前の時間帯の方と被ってしまい、脇で待たせて頂いたのです。その方はビキャッシュのコートをオーダーされ、納品を受けていましたが、同じく「感動したよ。」とルイージ氏に直接伝えていらっしゃいました。

自分自身の仕事を振り返ってみると、顧客の心を動かしたり、感動させられる仕事が出来ているのか?と言うと正直難しいなと。お客さんを感動させられる仕事を提供しているサルトリア・ソリートはすごいなと、改めて感じた次第です。

好きな服を着て、感動まではいかなくとも、高い満足度を与えることが出来る仕事を自分もしていこう!と改めて思うのでした。