fc2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

Think Elegant !

ファッションを通して自らの人生と向き合い、美しいと感じるスタイルを追及するブログです。

筋トレとファッションについて、考える。

こんにちは!
本日は「筋トレとファッションについて、考える。」と言うテーマで、たまにご質問を頂く内容への回答を含めて記述してみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■筋トレをしているか?どんなトレーニング内容なのか?
さて、長らくインスタグラムを続けておりますと「筋トレをしてるか?」「どんな内容のトレーニングをしているか?」と言った類のご質問を頂くことがございます。



この類のご質問を頂くのは決まってサマーシーズン。(笑)そうです、薄着になるタイミングで頂くことが、今のところ100%です。


私の体型はこれまでも記述していますが、172cm 60kgです。ただし、秋冬など肌の露出が少ない装いですと”着痩せ”して見えるのか、夏になって薄着になると「思っていたよりもごっつい」と言う内容のコメントやメッセージを頂くのです。


そして冒頭に記述をした『「筋トレをしてるか?」「どんな内容のトレーニングをしているか?」と言った類のご質問』に繋がっていくのですが、結論から言うと「筋トレはしています」。また内容としてはジムなどに通ってトレーニングをするのではなく、「自宅で空いた時間に本当に軽い自重トレーニングをするのみ」です。

このように回答すると、軽い自重トレーニングによる体型ではないなど、疑われる!?こともあるのですが、実際ウソではく、本当にそれだけなんです。なお筋トレではないですが、たまに30分程度の朝ランは行っていますが、それ以外は何もしていません。

と言いますのも、もともと私は線の細いタイプでして、小学生のころはガリガリ体型、中高生の際にも細目の体型として友人には認識さていました。実際、高校、大学生の時の体重も55~56㎏前後くらいであったと記憶しています。

ただ、社会人になってすぐにサーフィンにハマり、数年間、毎週末のように海に通っていた関係で上半身ががっちりしたと言う経緯があります。よって、筋トレで作った体型ではなく、サーフィンと言うマリンスポーツにハマった結果として出来上がった体型が、今の体型なのです。


もちろん現役!?の頃に比べればだいぶ筋肉も落ちていますが、今は”マッスル化”ではなく、”現状維持”を目的にしているため、上述したように本来はトレーニングとは呼べない程度の軽い自重トレーニングしかしていないのが実際のところです。

■目的は、服を美しく着ること
では、何のために”現状維持”を目的にトレーニングをしているのか!?と言われれば、その答えは1つのみ。

服を美しく着ること。

これ以外にありません。この目的のためだけに、現状の体型を維持するトレーニングを続けています。

最近はマッスル系YouTuberなる方も沢山いらっしゃいますし、インスタでも筋肉隆々の方を見かけます。その体を作り上げるための努力はすさまじいものがあるのだと想像し、リスペクトをしていますし、カッコ良いと思うのですが、個人的価値観で言えば、服を美しく着るにあたっては、時に筋肉は邪魔になることがあると言うのが、私が思っていることだったりします。

筋肉隆々の方は、裸かタンクトップ、Tシャツの際が最もカッコ良いのであって、その上に服を着ると、服の持つ独自のラインを筋肉が邪魔をして、崩してしまうのです。

これに対して、私はその服を最も美しく着ることが出来る体型さえあれば良いので、薄着になったときに美しく、カッコ良さを感じてもらえる体型であり、かつ秋冬時にスーツやジャケットを着た際にも自分の体型ではなく、服の持つ美しいラインが最大限発揮できる程度の筋肉、体型を維持していると言うのが実際のところです。

よって胸の筋肉が発達していたり、逆三角形の背中であったり、バッキバキの腹筋が備わっているわけでは全くないのです、脱ぐと、意外に普通です。(笑)

なお、朝ランはもちろん体重を維持するため。この年になりますと、食べ過ぎたと感じる日が続くとあっという間に体重が増えてしまいます。ただ、例えばサルトリア・ソリートでビスポークをしたスーツやジャケットは体重が2kg違うだけで体型の変化を感じざるを得ない精度で仕上げてきますので、それらの服を着続けるためにも、現状維持は必須なわけですね。

筋トレの目的や、美の価値観、考え方は人それぞれですから、唯一無二の正しい答えはありません。自分なりの目的や美意識に合うよう、必要に応じて筋トレは取り入れれば良いのかなと思ったりしています。

ちなみに、先日浴衣の男性とお会いする機会がありました。ぽっっこりとお腹がでていたのですが、これが浴衣のライン、男性としての貫禄と合わさって、なんとも言えないカッコ良さ、味わい深さを醸し出していました。

決して締まっている体型だけがカッコ良さ、美しさの基準なのではないなと感じた次第です。

皆さまも是非、自分なりの美の価値観に沿った体型を目指されてみてはいかがでしょうか?