fc2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

Think Elegant !

ファッションを通して自らの人生と向き合い、美しいと感じるスタイルを追及するブログです。

Vゾーンで季節感とトレンド感を演出する!:E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)

こんにちは!
本日は、「Vゾーンで季節感とトレンド感を演出する!」と題しまして、今季購入していたネクタイのご紹介と合わせましてコラム的にお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ドレススタイルにおける肝はVゾーン!?
さて、毎日時間の長短はあれど、ファッションのことを考えない日は無いくらい!?、ここ数年間は服を通して自分自身と向き合ってきたように思います。そして、その中でも特に考えることが多かったのが仕事においての装い、つまるところドレススタイルです。

ドレススタイルにつきましては服は好きであっても、これまで真剣に考えたことはありませんでした。従いまして、「ドレスとはなんぞや」と言う基本さえも私は全く理解していなかったと思うのですが、ここ数年間は時間だけではなく、お金の部分でも大分投資をしてきましたので、そこから学ぶことが出来たことも多かったように思っています。

このような中で、紳士のドレスファッションにおいてその方の個性であったり、スタイルが最もあらわれる場所の1つが、「Vゾーン」かなと感じております。

もちろんスーツやシャツに”何を選ぶか(=スタイル)”であったり、”生地(色・柄)”であったり、また細かな”ディティール”なんかにも個性なんかは見てとることが出来ると思います。

それでも「Vゾーン」にはスーツやシャツ、ネクタイと言う多くの要素が凝縮されておりますし、例えファッションに対してさほど興味が無い方であったとしても、「Vゾーン」は顔に近い部分と言うこともあって自然と目に入ります。つまり、服が好きな方だけではなく、多くの方の印象に残りやすいのが「Vゾーン」ではないでしょうか。

そう言う意味では、万人に対して影響力のある「Vゾーン」は紳士のドレススタイルにおける”肝”ではないかとさえ、私個人と致しましては考えているわけです。

そんな多くの方の印象に残りやすい「Vゾーン」ですが、私はネクタイが大好きと言うこともありますので、「Vゾーン」をいかに作るのか!?と言うことが、1日のうちで行う”重要”、かつ最初の意思決定であったりするわけです。(笑)

そして、その「Vゾーン」作りにおいて個人的に強く意識しているのが、”季節感”と”トレンド感”です。

ここ最近はドレススタイルにおいてトレンドを私が強く意識することはありませんが、それでもファッションとトレンドとは切っても切り離せないと思っておりますし、トレンドと上手く付き合うのもファッションの醍醐味の1つだと考えています。

従いまして、個人的にネクタイを中心とした「Vゾーン」には自分なりに解釈をした”トレンド感”を取りいれつつ、そしてそこに色や柄、生地感などで”季節感”を取り込むようにしております。

今季のトレンドとしては英国調やヴィンテージ感と言うキーワードをよく聞きますが、色の中で個人的に気になっていたのが、素焼きの陶器(例:煉瓦)のような色合いを持つテラコッタであることは、「2017年AWの買い物計画を、考える!」と言う、この秋冬の買い物計画を記載した記事の中に記載しておりました。

実際、”ヴィンテージ感”とトレンドカラーの1つである”テラコッタ”の両取り!?をしたようなネクタイを、「SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイを購入!」の中でご紹介させて頂いておりました。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ_②

くすんだオレンジのようなテラコッタカラーは、ここ数年感探していたネクタイの色でもありました。トレンドとして注目されますと、メーカー側もそれを意識して商品を供給しますので、選ぶ方としては選択肢が広がると言う嬉しい現象がおきます。

よって、ここ数年間はなかなか見つけることが出来なかったテラコッタカラーのネクタイですが、今季はトレンドと言うこともあって結構見かけることもありましたので、ここぞと言うタイミングでソリートのビンテージウールタイとともにワードローブに加えておきましたょ。

■E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ
今回購入しましたのは、私が現時点で最も気に入っているネクタイのメーカーであるE.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) の、ホップサック織!?のカシミア100%のネクタイです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_①

実際の色見はこちらが近いでしょうか。やや起毛した、ざっくりとしたホップサック調の表情が秋冬っぽい印象を与えつつ、ヴィンテージ感のあるオレンジのようなテラコッタカラーがトレンド感を感じさせます。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_②

仕様はいつものようにトレ・ピエゲ(3つ折り)のスフォデラータ(裏地無し)、剣先のみ芯無しです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_③

カシミア100%ですが、カペッリですから英国産でしょうか。イタリア産のような柔らかく、ふわふわした表情と感触ではなく、ややハリのある、ウールに近い印象を持ちます。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_④

ちょうど昨日デビューさせましたので、最後に着用イメージもご紹介しておきます。

■Vゾーンで季節感とトレンド感を演出する!
大雨だったら使うのはやめようと思ったのですが、小ぶりだったのでデビューさせちゃいました。(笑)サルトリオのウール×シルク×カシミアのチェック柄ジャケットでトレンドである英国感を感じさせつつ、ルジェッロのホワイトシャツで清潔感を保ちつつ、レ・スパーデのグレージュのウールパンツを合わせておりました。ちなみに、パンツとネクタイがやや明るめでしたので、全体をしめる意味で、ラルディーニのダークブラウンのジレを挟んでおります。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_⑥

ブラウンベースと言う色合いはもちろんですが、生地にも季節感を盛り込みつつ「Vゾーン」を構築。テラコッタカラーが良い感じで映えているなぁと自画自賛。(笑)そこそこ評判も良かったので、上手く季節感を出すことが出来たのかなと感じました。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_⑤

季節感とトレンド感。自己満足な部分が多分にありますが、忙しなく過ぎる毎日であったとしても移りゆく季節を感じながら、服が好きな方々と共有するトレンドを楽しみながら、毎日を過ごしていければ幸せかもしれません。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ) テラコッタカラーのカシミアタイ(2017AW)_⑦






Post comment

管理者にだけ表示を許可する