fc2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

Think Elegant !

ファッションを通して自らの人生と向き合い、美しいと感じるスタイルを追及するブログです。

ドレス感のあるスニーカー:SAINT LAURENT PARIS(サンローランパリ) ANDY/アンディ

こんにちは!
少しご無沙汰しておりましたが、気付いたらもう3月。早いですね・・・。

今日は「ドレス感のあるスニーカー」と言うテーマで、久しぶりに購入をしたラグジュアリーブランドのアイテムを取り上げてみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■やっぱり装いは全体のバランス
この度私が購入をしたのは、SAINT LAURENT PARIS(サンローランパリ)のクラシックなデザインのスニーカーである、ANDY/アンディと言うモデルになります。
サンローランパリ_アンディ1

ラグジュアリーブランドにはあまり興味がないので、購入したのは本当に久しぶり。
サンローランパリ_アンディ2

今回購入したモデルであるアンディの特徴は、クラシックなデザインのローカットスニーカーであると言う点。アディダスのスタンスミスのような、シンプルでミニマルなデザインが特徴的です。
サンローランパリ_アンディ3

サイドにゴールドで箔推しされたサンローランのロゴは正直不要だと思いますが、ホワイトベースであることから目立たないので良いのかなと。あと、バックステイにもエンボス加工されたロゴが入りますが、こちらも控えめ。大人がラグジュアリーブランドを用いる際には、ブランドの主張を出来るだけ抑えてサラリと使うのが、いやらしくならないためのコツかなと思っています。
サンローランパリ_アンディ4

底面もシンプル。
サンローランパリ_アンディ5

ヒール部分はやや肉厚で、しっかりとホールドしてくれそう。
サンローランパリ_アンディ6

ワイズはやや狭め。幅広なワイズを持つ(と言っても、ビスポークシューズを制作頂いているイルクアドリフォリオの久内氏曰く、私の足は一般的か、やや狭いくらいと言う評価。甲高はある方だそうです。)と思っている私からすると幅は少しタイトなのですが、使っているうちに馴染む程度の狭さかなと思っています。
サンローランパリ_アンディ7

今回購入に至った最大のポイントは、ドレッシーさを感じる佇まい。革の表情や余計なものをそぎ落としたシンプルでミニマルな雰囲気は、同じようなデザインのスタンスミスであっても表現することの出来ないドレス感を感じました。
サンローランパリ_アンディ8

私はオフの際にもドレッシーさを感じる装いをすることが結構あるのですが、それでもオフ故にどこかで緊張感を抜いておきたい。そこで活躍するのが、スニーカーと言うわけです。
サンローランパリ_アンディ9

革靴の中ではカジュアルに分類されるローファーであっても、どうしてもキチンと感が強くなります。またシャツを着ないようなスタイルであればスニーカーの方が全体のバランスをまとめやすい。と言うことで、ドレス感があって、シンプルなホワイトスニーカーを探している中で見つけたのが、サンローランパリのアンディでした。よって、サンローランと言うブランドにこだわりは全くありません。

■ドレス感のあるスニーカーを履いてみた!
そんなドレス感のあるスニーカーを用いたオフの日のカジュアルスタイリングがこちらになります。

まずは、春のような温かい日にしたスタイリング。以前ご紹介したルイジ・ソリートのアンコンジャケットにネッカチーフとコットンのロングスリーブニットを合わせ、
サンローランパリ_アンディ_コーデ2

パンツにはライトグレーのジャージーパンツで軽快に。これにスニーカーを合わせました。
サンローランパリ_アンディ_コーデ3

この日は風もなく、本当に暖かかったので、久しぶりに踝だしで靴を履いています。
サンローランパリ_アンディ_コーデ4

お次は、冬季らしいスタイリング。ニットブルゾンにタートルネック、そしてニットのマフラーと言うニットづくしのトップスですが、オフホワイト、ホワイト、グレージュと言う優しい色合いを用いてちょっとリッチな雰囲気にしています。
サンローランパリ_アンディ_コーデ6

パンツにはカシミアタッチのジャージーパンツで柔らかく、そしてスニーカーを合わせました。
サンローランパリ_アンディ_コーデ7

用いているカジュアルアイテムはイタリアンブランドが多いのですが、どこかエレガントで、ドレス感のある雰囲気を感じます。だからこそ、足元にもカジュアルなんだけれど、ドレス感のあるスニーカーを合わせることで、装い全体のバランスを取りたいと思うわけです。

今回購入したサンローランパリのスニーカーであるアンディ。雰囲気的にはイメージ通りで大変気に入っていますし、履く回数を重ねることでワイズの狭さもさほど気にならなくなりました。ただヒールが肉厚すぎて!?靴擦れが・・・。上記の踝出しの画像をよく見ると、かかとにキズパワーパッド(※)を貼っているのが分かるのは内緒です。(笑)
※「最高の靴ずれ対策!?:バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用

オンの際に用いてるビスポークシューズの快適さゆえに、靴擦れの痛さをすっかりと忘れてしまっておりましたが、まさかスニーカーで靴擦れを起こすことになるとは思いませんでした・・・。オシャレは我慢!?とはまさにこのこと!?

それでも私の手持ちのホワイトスニーカーの中ではこれよりドレス感のあるものはないので、キズパワーパッドを上手く活用しながら、大切に履いていきたいと思います。(笑)







モード感溢れるパンチングレザー×ゴールドカラー